So-net無料ブログ作成

N響C定期ブロムシュテット指揮で [音楽鑑賞]

 現在最も内容のある音楽を聴かせてくれるのが、ヘルベルト・ブロムシュテットだろうという期待のもとに、デング熱を媒介する蚊のいる心配がある代々木公園前を通ってNHKホールへ。

 ハードボイルドな熱狂。

 聴衆がチャイコフスキーの第5交響曲が終わるや否やブラボーの嵐を巻き起こしているとき、私は今日の凝縮された時間の集積に圧し殺されそうになっていた。

 至極まっとうな、テクスチュアを細かく丁寧に描き出した、音符の意味をよく考えぬいた演奏。オーケストラも優秀。均一性の高い音楽を奏でていた。辛口で、超がつくくらい真面目な音楽。

 モーツァルトの40番が前プロ。12型。クラリネットの入った版。

 この曲もチャイコフスキーも対抗配置。私の座ったLB4の座席からはコントラバスを真横から見るので、旋律とバスが一緒に聴こえて、これも音楽の機能が裸で聴こえるような気がした原因かもしれない。遠く離れた第2ヴァイオリンの音もしっかり美しく聴こえてくるのもさすがN響。

 40番は第2楽章が速い。アンダンテ6拍子だが、早足で歩くアンダンテ。全楽章フレージングガ短め。厳しい雰囲気の音楽となった。

 反復は律義にすべて行っていた。第3楽章の繰り返しは、メヌエットの前半を繰り返し、メヌエットの後半も繰り返し、トリオの前半を繰り返し、トリオの後半を繰り返し。ここまでは定石通り。驚いたのは、メヌエットに戻ってから、前半も後半も繰り返したこと。フィナーレも同じ発想で、展開部・再現部を繰り返した。音楽の構造はこうなっていますよ、半音階がこんなに効果的に使われていますよ、と繰り返し丁寧に教えてもらった思い。

 合奏は見事。甘い味わいはないけれど、N響の合奏能力は高くて、快いし、オーケストラに身を置く素人としては羨望である。

 でもハードボイルド。

 ブロムシュテットのつくる音楽から彼が枯れたという印象は与えられない。矍鑠(かくしゃく)というのとも違う。(88歳の老音楽家なのだが年齢を超えている)。ブロムシュテットは1973年だったかにドレスデンシュターツカペレと初来日して以来何回かきいている。もっとふかぶかとした音楽を聴かせてくれる人ではなかったかしら。今日の演奏は、あんまり人々を幸福にする要素に富んだものではない。しかし、40番にはそれがふさわしかったとの想いもある。音量やクレッシエンド・デミヌエンドなどの解釈を施しているのも音楽の厳しさを志向していたと思われたのである。

 NHKホールで。フォルテシモでもホールの空間に音が吸収されてしまって、はねかえってこない。こんなことは私が言うまでもなくみんな知っていることだけれど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。