So-net無料ブログ作成

『農は過去と未来をつなぐ』・・・読書感想文 [農・食・栄養・人間学]

 福岡県のお役人として、農業指導員を30年以上やり、虫見板を全国に普及させ、減農薬農業の指導の先頭に立ち、ついに定年を待たずに退職。自然と共に生きる百姓をはじめた宇根豊氏。

 氏が考え実践したことをまとめた迫力ある書(岩波ジュニア新書)です。

 高校生向けに書かれていますが、これは幅広い年齢の人が読める本で、中学校の入学試験にも非常によく取り上げられているとのこと。さもありなんです。

 農業にいろいろな「ゆがみ」が見られることはよく知られているでしょう。しかし、それについての私たちの認識は実は漠然としたものではないでしょうか。あらためて、「百姓の子どもが初めて田植えを経験するのは、『田んぼの学校』のようなイベントである」とか、「兼業農家が多いといわれるが、実は現代の農家は『米だけを作る・野菜だけを作る・酪農だけをやる専業』であって、百姓の家で食べるものを自給している場合の方が少ない」などの実例を次から次へ紹介されると、逆に都市生活者の無理解を思わざるをえません。

 農村や農業の実態、なぜ現在があるのかを知らずに、「農業の6次産業化が突破口になる」とか、大規模農業を普及させても、諸外国との価格競争には勝てない」などと言っていた自分が恥ずかしくなります。

 教育にせよ福祉にせよ、資本主義と相いれない部分をもっているとの考えが宇根氏にはあって、随所に批判的な言質が出てきます。「偏っている、と言われるかもしれませんが、宇根さんの考え方が時代の先を行っていると評価してくれる人もいるのです」と書く。たしかに現代は過渡期、パラダイムシフトの時代と言えます。

 そうとらえた時、最終章で述べられる「農村の風景も農業生産物である」という考え方に深い意味を見出せると思います。

 「棚田はなぜ美しいのか」「なぜ稲植えでなく田植えというのか」「なぜ田の中には石がないのか。ぬるぬるしているのか」「なぜ百姓は稲が取れると言って稲を作ったとは言わないのか」などの問いも発せられ、それぞれ考えらさせられます。普段「農」について考えていることが、いかに薄っぺらかを思い知らされます。

 結局、産業は営々と受け継がれる人の営みであるという、当然であるはずの主張に貫かれているのがこの書です。実はイノベーションは90歳を過ぎた百姓たちが当たり前だとして語ってこなかったことにあったりする・・・

 人間形成期の生徒・学生の多くに人たちを中心に、この本を手掛かりに人間の営みとしての産業」に目覚めてくれることを期待したいと思いました。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。