So-net無料ブログ作成
検索選択

悲愴覚え書き(6)歌うこととフィンガリング [音楽活動]

 このところ、大事な人たちの健康状態がよくない知らせが重なって、こんな遊びみたいな記事を書くのにうつつをぬかしていていいのか、と思ったりします。

 国内でもきな臭い動きがあったり、多くの音楽家を生んだ黒海沿岸では軍事行動が勃発、内陸にヤオトンがいまだに残っているはずの中原の国。これが海洋国家化しつつあることでの摩擦・・・など、こころを傷める出来事が頻発しています。歴史が動いているのですね。大きな揺り戻しの力が働いているのでしょうか。その基礎付けはどこに求めるべきなのでしょう。

 私たちは微力かもしれないが無力ではない。との教えを胸に、考えを深めたり、いろんな人と共有したり、対話したりしていきたいものです。

 音楽もその対話の一つ。弾けないのでは話になりません。

 ついに、指揮者の先生に「弾けません。」と質問しました。先生は、リズムを歌ってくださいました。ここで肝心なのは先生は長いパッセージを全部歌ってくださったのに、私は途中で脱落しています。モテ―フだけ練習してもダメ。フレーズ全体、パッセージ全体のイメージを頭と指、右手のボウイングに叩きこむことです。その前段階として、歌う。今日、通勤・行き返りの電車の中で、スコア見ながら(頭の中で)歌いました。

 さらに「ダブルシャープがついている音が取れない」点については、先生、あきれられて「フィンガリングが決まってなければダメですよ」とひとこと。フィンガリングが決まっていれば、半音高いとか低いとか、一全音違う、三度違う(えー!)とかは、あとで矯正できる。フィンガリングを頭に叩き込むよう残りの日々を練習してみようと思いました。

 基礎・基本のアドバイスですね。これ、大事です。そういえば、中学受験のプロ、にくにく先生も「基本、大事。この部分で差がつく。」と始終おっしゃっていました。プロのアドバイスは一見難しくない。しかし、その実行は大変のようです。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

にくにく

 ケリー先生、ご無沙汰しております。お元気ですか?
私に言及していただき、ありがとうございます。
「基本、大事。この部分で差がつく。」
私、そんなこと申し上げましたっけ?(笑)
また、ぜひお食事でも行きたいです。
by にくにく (2014-05-28 09:49) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。